フラワステラ

すきなことを、すきなだけ考えて、読んで、書く。

平ジェネFOREVER 雑記(※バレ注意)

 

 

※映画の内容・それぞれのテレビシリーズにおけるネタバレになるかどうかを考慮せずに書いたものになります。とっておきたい何かしらの楽しみをお持ちの方は、予めご了承ください。

 

 

 

 

 

 先日、映画を見てきました。公開日は2018年12月22日(土)。

その名も

『平成仮面ライダー20作記念

 仮面ライダー平成ジェネレーションズ

 FOREVER』

 

 

感想を述べる前に、これを見ることになった経緯のお話を。

 

 

 

 

これまで自分が劇場へと足を運んで見た映画ラインナップの中に

仮面ライダーシリーズ」を扱ったものはひとつもありませんでした。

スーパー戦隊シリーズも同様。

これは所謂「ニチアサ」に、テレビを見られなかったことの多さに起因しています。録画機能がなかったわけではない上に、毎朝家族のほうが楽しみに視聴していた作品もあったことを考慮すると、プリキュア戦隊ものもライダーも、時間が合わないことを言い訳にして少し遠くに見ていたところがあったのかもしれません。

 

家のテレビに映っていたのをなんとなく覚えていた作品、その中に「W」と「電王」があります。世界観、音楽、出演者、そして味わい深いストーリー。良い評判をよく聞くこれらの作品を耳にするたび、今さらでも見てみたいという気持ちが高まっていきました。

そこに火を点けたのが、「風都探偵」そしてamazon primeへの加入。

この文字色すごくたぎる。

 

「お前、僕に釣られてみる?とばかりにPCにかじりつきながら、「W」「電王」を夢中で追いかけたことを覚えています。そんな折、巡ってきたのが今回の映画ならびに「ビノド」視聴のチャンス。注:「ビルド」のこと/文字色に力入れた。

依然としてニチアサに追いついていなかった身としては、映画を見に行くという行為に対する躊躇いもありました。平成ライダーをすべて知っているわけでも楽しみにしていたわけでもない人間が、オールスター登場の作品を見ても面白いと思えるのか?疎外感を味わうことになりはしないか?不安は尽きませんでしたが、それよりも平成の仮面ライダーシリーズが気になる気持ちを捨てきれませんでした。

今では、後悔していません。勇気を出してよかったです。

わたしのような一般人だからこそ、ライダーたちのように明日の地球は投げ出せないと思わされる作品でした。

 

 

 

というのはさておき。

映画視聴後から時間が経った今でも印象に残っているところというのは、その人にとって重要だった証に他ならないんじゃないかと思います。それ以外のシーンをなかったことにしているというわけでは決してないけれど、その着眼点にはきっと何かルーツがあるはず。だから、ここでは特に強く残ったシーンや描写について書きます。

(※思い出した順に記すため、映画本編の流れに沿っていません)

 

 

 

 

仮面ライダー=虚構、その認知

 

画面の向こうで確かに存在して「いる」仮面ライダーを、画面のこちら側には「いない」とするややメタ的な視点が今作の重要なキーです。公式サイトのキャッチコピー「あなたの記憶に、彼らは生きているか?」にも、それが表れています。

 

仮面ライダーというものが

自らと同じ世界に「いる」と信じる人間

あくまで画面越しの存在でしかないということを常に意識している人間

その両方を同居させた世界が徐々に認知されていく。

こうした物語の世界像が浮かび上がっていくと同時に、映画の視聴者は奇妙な感覚を覚えます。それはすなわち、テレビやスクリーンの向こう側にしかないと思っていた世界が、こちらにも侵食してきているような感覚。

少なくとも仮面ライダーの虚構性を知った気でいたわたしは、本作序盤にどんどん記憶を失っていく仲間たちを見ながら、映画に没入していきました。(きっと、観客の作品に対する集中力を高める仕掛けの詰まったストーリー、ということでもあるのでしょう)

 

仮面ライダーがなかったことになると、各所でゲイツの変貌に代表される「歴史の改変」が起こります。ゲイツがライダーになっていなければ、その性格を活かし、完璧とは程遠いにしろ熱心に受験勉強をする一学生になっていた「かもしれない」。ジオウ本編を認知しているものなら誰でも、本編はそうなっていない、だからそれをただのイフとして捉えることができます。逆に言えば、本編を知らない人間にとってはそんなゲイツの姿を見ても、不思議に思わないことだってある。そんなことが増える=仮面ライダーの存在認知が薄れる、だから仮面ライダーは自分の記憶に残っているか、それがキーとなってくるのかもしれません。

 

ライダーへの熱意を語った口で「仮面ライダーなんて存在しない」と言ってのけるアタルの姿は、どこか自分と重なって見えました。そのあたりから、映画を見る前から持っていた「ニチアサと縁遠い自分のような人間にこの作品を見る資格はあるのか」という不安も、いつの間にかなくなっていたように思います。

おこがましい意見なのかもしれないけれど、きっと今作はアタルのような仮面ライダーファン以外にも共感する部分の多い作品になっているのではないでしょうか。

 

 

 

② アナザーWの成り手

 

今回登場するアナザーライダーには「電王」と「W」がいました。

アナザーライダーの概念に詳しくない身で大雑把に定義すると、彼らは仮面ライダーのように人々や世界を守護する目的、責任感を持たない存在。そして、ライダーたちのポリシーや存在意義を真っ向から否定しにかかる存在でもあります。事実、仮面ライダーなんて現世に何ら影響を及ぼさないと絶望したアタルはアナザー電王と化しました。今回ライダーたちを苦しめるスーパータイムジャッカーのティードも平成最初のライダー「クウガ」のアナザーになるため、アナザーライダーの成り手はみな仮面ライダーに対する憎しみを抱えているように思えます。

ただし、好きの反対は嫌いでなく無関心。

本当に「仮面ライダー」を亡き者にしたいなら、戦兎やソウゴを自室に招いた時のアタルよろしく「虚構」として扱い、放置するなり自分の認知内に存在させないところまで追いやってしまうなりすれば済むことです。それなのに、ティードもアタルもそうしなかった。それがわたしにはとても不思議でした。特に、最初はティードが「仮面ライダーを世界から消す」と叫ぶほどに憎んでいる理由がさっぱり分からなかった。

もしアタルやティードが仮面ライダーに関心を向けなくなったら、おそらくストーリーはその時点で終了します。映画が作られ、わざわざ最後まで続けられた意味が彼らの行動に込められているのではないか?ティードの行動原理に対する疑問は、そこでアタルとも繋がりました。

 

この「なぜ彼らは積極的にライダーを嫌うのか」という疑問がほどけたのは、アナザーWがソウゴをハーフボイルドと称したシーンがきっかけです。

「W」をうろ覚えで知っているソウゴがアナザーWと対峙した際、その決め台詞をまねて「お前の罪を、教えて?」と手を差し出し、アナザーWはそれを嘲ってソウゴに「半熟」の名を投げつけます。戦いの緊張した雰囲気にここでソウゴのコミカルな仕草が入り、こちらはくすっと笑って終わるはずでした。

 

わたしの記憶が誤りでなければ、このアナザーWは「誰」がなっているのか最後まで不明なままです。アタルと同じように生まれたのかもしれませんが、劇中ではただティードの手下として動く姿しかわからない。アナザーWの生まれ方がもしアタルと同じならば、その成り手はどのような人間なのか、非常に気になりました。

こうしてアタルとの共通点を探した結果、上述の「ハーフボイルド」発言、そしてアタルがアナザー電王になったとき「俺、参上…」と決め台詞を言っていたことがヒットしたのです。

 

・「W」本編を知らない人間に、この台詞は言えない。

・アナザー電王となった後も「仮面ライダーなんていない」と言うなど、アタルの潜在意識らしきものは表出していた

・アタルの部屋にあったたくさんの仮面ライダーグッズ、そして「電王」のヒーローショーを通じて確かに仮面ライダーの実在を信じていたアタルの描写

 

以上3点から、アナザーWの成り手は「W」の、そしてアナザー電王の成り手アタルは「電王」のファンであった可能性が浮かび上がりました。だからこそ、「W」本編の台詞「さあ、お前の罪を数えろ」をうろ覚えでいたソウゴに対し、アナザーWは「そんなことも知らないのか」という嘲りのニュアンスを込めて彼を「ハーフボイルド」と称したように思えるのです。

 

同時に、アタルやティードたちが仮面ライダーに無関心でいられないのは、その影響力・誰かに勇気を与え動かすきっかけを創る力、その脆さと共に大きさをも分かってしまっているからなのかもしれないと気付き始めました。

そうなると、ますますこの映画が「仮面ライダーファン」だけでなく、今はニチアサから離れている人間にも優しく、しかし強く手を差し伸べてくれているような気がしてなりません。

(余談ですが、相手を指さすWのポーズと明確に区別化するため、ソウゴに下手に出るようなポーズをさせたのかもしれません。そう思うと、アナザーの成り手たるライダーを鑑賞可能な「こちら側」の人間と「向こう側」の象徴であるライダーの成り手をはっきり区切ることになるこの行為に、何かしらの意味を見出せそうです。ソウゴたちと和解しないままアナザーWを爆発四散させたのは、何もライダーたちから見た「悪いやつ」を成敗し、誰にでもわかりやすい「めでたし」の構図を作ることだけが目的ではなさそうな気がします)

 

 

から10年以上経過していた…

オーナーとイマジンたちと良太郎(in ウラタロス)が登場し、モモタロスが良太郎へと静かに言葉をかけるシーン。彼らイマジンたちと良太郎の信頼関係が窺えるこの場面は、何よりも強くわたしの心に残っています。

「電王」放映時と同じ温度でやりとりをするイマジンたちや、いまだにスタイリッシュな振る舞いを崩さないオーナーをほほえましく思いながら、ふと良太郎がウラ状態であることに気付きました。その経緯は最後まで明かされていなかった気がしますが、おそらく突然の事態に際し、他者に対しても冷静に状況を説明できる役目を任されたのがウラだったのでしょう。

 

「電王」放映時、イマジンが主導しているときの声はイマジンの声だけで独立しており、良太郎と掛け合いをする際もそれぞれ声が分かれています。しかし今回はウラの声が響くのと同時に、しっかりと良太郎の声が聞こえてきました。どちらの声もちゃんと聞こえることが、彼らの息ぴったりなところを見せられたようでうれしかったのを覚えています。

また、件の場面でモモが「良太郎」に語りかけた瞬間、良太郎は瞬きをひとつ。それまでウラ状態を示す青い瞳が、ただの人間たる良太郎の黒い瞳になり、にこりと微笑む。まるで、ウラと良太郎が瞬時に示し合わせでもしたかのようにごく自然な間で転身を果たしたこと、モモのほうも良太郎たちがそれを当たり前のようにできるものだと信じきり、言葉をかけたこと、このシーンに「電王」全話で創り上げられてきたイマジンたちと良太郎の関係性が詰まっているような気がしました。それはたいして長い時間を占めていたわけではないかもしれない、けれども(「電王」脚本の小林さんがクレジットされていたことから鑑みるに)彼らの大切な時間をつくる記憶が描かれた、「電王」ファンにもスタッフの方々にも、もしかしたらそれ以外の人々にとっても、非常に丁寧かつ優しい場面だったと思います。

 

 

蛇足:コスモスの意味

フータロスが鼻歌と共に去る最後のシーンで、映像のピントは彼から、手前の野原に咲くコスモスへ移ります。撮影時期にちょうど咲いていたのがこの花だっただけなのかもしれませんが、少し気になったのでコスモスの花言葉を調べました。

  • 「harmony(調和)」
  • 「peace(平和)」
  • 「the joys that love and life can bring(愛や人生がもたらす喜び)」

参考:「秋桜(コスモス)」の花言葉は? | 意味解説

 

以上の通り、どうやら「めでたし」を表すにふさわしい花ではあるようです。

これらは全てありふれた意味に見えます。実際にありふれた言葉であり、時に陳腐とさえ映るかもしれません。アタルの言う通り、自分の認識上に「仮面ライダー」がこの世界の平和を守ってくれているという情報はなく、ラブ&ピースなどという言葉を振りかざすにはあまりにも人間は冷静です。

しかし、今ならこのコスモスを物語の最後に添えた意味がきっとあるのだと言い切れます。桐生戦兎は、あるいはその他のライダーたちの成り手も、「仮面ライダー」として戦う理由を探し求め、時に迷う。仮面ライダーの意義を見失う。その時、コスモスの帯びるこの「ありふれた言葉」を自らの戦う意味として立ち上がるのが、仮面ライダーなのかもしれない。

かれらが最後に抱きしめる「ラブ&ピース」が世界で確かに根付き、生きている証。それこそが、最後のコスモスなのではないでしょうか。わたしは、コスモスが何本も大地に息づき咲いている=仮面ライダーの成り手が生きる意味・仮面ライダーが戦い続ける意味は世界にしっかりと、まるで人の記憶のように残っているということを示しているように感じました。

「記憶のよう」。それでは仮面ライダーが儚い一時の虚構でしかないと言ってしまっているのではないか。滅相もありません。

もし彼らを忘れてしまうことがコスモスの死にあたるなら、その種子こそ連綿と受け継がれる「仮面ライダー」シリーズの視聴者や製作者にあたるはずです。過去の作品を愛するわたしたち、まだ「仮面ライダー」を食わず嫌いしているひとたちにあたるはずです。その全員に届けるべくして創られた「平成ジェネレーションFOREVER」の幕引きに、「仮面ライダー」の存在意義を表すコスモスを添えるなんて、なんとも粋ではありませんか。

この作品を、そして平成ライダー作品を、わたしは記憶し続けるでしょう。忘れたくないとも思います。「忘れたくない」と思う作品と出会うことは意外に難しく、多くもありません。なぜなら、自分が出会った作品の全てをそう思うことはできないからです。だからこそ、ずっと覚えていたいと心から思えたこの作品を、ずっと大切にしていきたいと思います。

願わくば、この作品でそう感じる人が少しでもたくさんいますように。

祈りを込め、ここに雑記として残します。

 

 

最後まで読んでくださり、本当に、本当にありがとうございました。