フラワステラ

すきなことを、すきなだけ考えて、読んで、書く。

「翔んで埼玉」雑記

こんにちは、花須寺です。こう書いて「かすてら」と読みます。

 

先日、映画を見てきました。

その名も「翔んで埼玉」

忘れないうちに、感想などをまとめておきます。毎度のことながら、丁寧語の文体で書こうとして失敗していますが気にせずどうぞ。

※ネタバレについては考慮せずに書くので、未視聴の方は自己責任での閲覧を宜しくお願いします。

 

続きを読む

「心のない世界」考察 ※2018秋会誌に寄稿

 

こんにちは、ポケモン初心者の花須寺です。

先日QRパでレートに潜ったところ、ピキーンだの文字外しだのはまだ納得できるのに検定不正解は納得いきませんでした。非常に勉強になりました。もっと回数をこなして深慮を欠かない立ち回りができるよう色々試してみたいです。

 

今回はサークルの会誌に寄稿させていただいたものを転載します。

上記のように構築記事が書けない身で会誌を書いてみたいと思い上がった結果、ストーリーやキャラクターの考察をすることにしました。(※当会誌を手に取ってくださった方にとっては既出内容です)

 

テーマは、アカギの目指した世界は本当に「心のない世界」なのか。

 

 

テーマ選択の経緯など

 自分にとって思い入れの深い作品の一つである第四世代(DPt)で記事を書くきっかけとなったのは、USUMのRR団イベントでした。DPtプレイ当初は、アカギが何を目指しているのか・どういう人物であるのかというところに目を向けることなくストーリーを終えていました。共感も不満もなかったのは不思議ですが、当時の自分が何を考えたのか残っていない以上、どうしようもありません。

 それから時間が経ち、USUMにてアカギが登場。他のボスたちと同様、自らの理想を叶えた瞬間にフェスサへと転送されてきた風体で彼は自分のいた世界を「心のない世界」にしてきたと言います。その話を聞いた時、改めて「心のない世界」が酷く曖昧な概念であることに気付かされました。なにしろ、どうすればその世界が完成したのか「確かめる」ことが難しいからです。仮にそうした世界が出来上がったとして、アカギはそれをどうやって確認するのか。

己から湧き上がる憎しみや怒りに対応しきれない部分のあったアカギに内省的な態度は見受けられず、自分の現状から目をそらしているようにもとれました(「いま わたしが かんじている いかり にくしみ いきどおり…… この みにくい かんじょうは ふかんぜんな こころの せいだ!」やぶれたせかいでの台詞より)。

したがって、彼は「心のない世界」を自分の状態によってではなく、周囲の人間やポケモンを見て確かめる可能性が出てきます。もう少し言えば、そうした手段によってしか確認できない程度のものなのかもしれません。

 

以上のような考えから生まれた考察になります。

なお、考察という堅苦しい名前に見合った体裁を保つため、文体が「だ・である」になっていますが、そんなものは書いているときの気分で決めるので 気にせずお進みください。

続きを読む

平ジェネFOREVER 雑記(※バレ注意)

 

 

※映画の内容・それぞれのテレビシリーズにおけるネタバレになるかどうかを考慮せずに書いたものになります。とっておきたい何かしらの楽しみをお持ちの方は、予めご了承ください。

 

 

 

 

 

 先日、映画を見てきました。公開日は2018年12月22日(土)。

その名も

『平成仮面ライダー20作記念

 仮面ライダー平成ジェネレーションズ

 FOREVER』

 

 

感想を述べる前に、これを見ることになった経緯のお話を。

 

 

続きを読む

お気に入りの17曲

 

 

こんにちは、花須寺です。

 

寒い日はもっぱら葛湯と源氏パイ、コーヒーでぼんやりと星見のお茶会を気取って外に出るのがお気に入り。

そして誰にともなくとんぼを撃ち、誰とも知らないままタスキを削って室内に戻るまでが趣味です。

雪の降らない土地の民はこうも軟弱だからいけない。ふとん万歳。

夏は熱中症、冬は風邪でダウンするのいい加減やめたい。

 

 

さて、某呟き処にてタグへのご反応を頂き、ありがとうございました。

今回はその声にお応えすべく、筆を執った次第。

標記通り、17についてそれぞれ書きたいことを書きたいだけ書きました。

色々言いたいことはありますが、まとめると「聞いてみてくださいな!」の一言に尽きます。

改行などの読みやすい仕掛けも、順番をつけた意味も、ほぼありません。

ただ、題字の色を工夫して考えるのは楽しかったのでごらんください。

なにかピンとくるものがあったら握手。

 

では、お時間のあるときにでもどうぞ。 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーキリトリセンーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

続きを読む